高そうって思ってない?iPhone修理に必要な金額

正規店の場合にかかってくる費用

iPhoneを修理するためにかかってくる費用は高いのではないかと思われがちですが、実際には正規の修理店かそうでないかによって異なります。
基本的に多くの人が利用していると思われる正規の修理店の場合、修理する内容によっても費用が異なるもののほとんど8千円以上かかると言われています。その背景には修理をする際の部品が全て新品である点やほかにもメンテナンスをするために費用が掛かってしまうと考えられています。
ただしバッテリー交換に関しては、新しい機種であれば1年以内はバッテリー交換が無料です。それ以外の機種になると9千円以上かかってくるので、機種によって正規の修理店を利用するかどうか検討するのがおすすめです。

非正規店で修理する場合は?

一方、いわゆる正規の修理店ではない非正規店でもiPhoneの修理を受け付けているところが増えています。こちらの場合はいずれも正規の修理店よりもリーズナブルな価格で利用できるものが多く、6千円から8千円程度の費用で修理が可能です。
このように正規の修理店よりも安くなっている理由としては、交換するパーツが新品ではない点と修理する際に他の部分のメンテナンスが入っていない点などが挙げられます。そのため正規の修理店よりも安くて早いところが魅力ですが、修理する箇所以外は見てもらえないのでまとめてメンテナンスをしてほしいという時には正規の修理店を利用した方がいいです。どうしてもすぐに修理してもらってすぐに使えるようにしてほしい場合には、魅力的な修理店と言えます。

iphoneの修理を銀座の専門店に依頼すると、早めの修理が可能になります。さらに手頃な修理料金の店舗も有ります。